考えていること

2020年を振り返り、時間の使い方を改めて考える

どうも、山田です。

年が明け2021年になり早くも10日が過ぎた頃、

ようやくエンジンがかかってきた僕は今、自分の中の2020年を振り返っています。

2020年はコロナに始まり、コロナで終わった1年でした。

では僕個人にとってはどんな1年だったのかということについて考えています。

この時期、今年の目標を決める人は多いと思いますが、振り返ることは意外とやらないものです。

ゆっくり振り返る時間を持つことによって、記憶に残っていないことに気づきます。

「あれ、俺たいしたことやってないじゃん!」

と気づくことがあります。

なにもしていないとか、

暇だったとかではなく、

思い描いていた1年を過ごせていなかったかもしれない、ということです。

僕が振り返るためにやったことは、まず自分の予定書き込んでいるGoogleカレンダーを一月全体を俯瞰して見渡せる表示に切り替えて、月ごとに振り返りをしました。

そうすると、仕事の予定はビッチリと詰まっています。

○○さんとのミーティング
○○案件の資料作成

だいたいがそういった予定でびっちり埋まっています。

が、記憶に残る行動がそこからはあまり読み取れません。

仕事の事ばかりだったと言うことに気がつきます。

後悔して悲観的になっているとかではなく、

思い描いた設計図どおりには進んでいないということに気づきます。

でもその気づきは大きい。

振り返りにより気づき、

これから先の行動に活かすことができます。

それは人生を大きく変える振り返りになるかもしれません。

一応自分のメモ代わりに

2020年の大きなイベントを残しておくことにします。

まずひとつは初めて1年の間で2度引っ越しをしました。

最初の引っ越しは1月、都内での移動です。

そして2度目は、お隣の神奈川県に引っ越しました。

まだこの家での生活は半年ほどですが、

静かな環境で恵まれた家と出会え、とても幸せに過ごすことができています。

そして6月には約2年間お世話になった会社を退職しました。

それによりが人生で3度目となるフリーランス(ニート)になりました。

仕事の当ても、人脈も特にないまま、相変わらず無計画な独立をしたわけですが、ありがたいことにご縁に恵まれて、今のところは生活に困ることはないくらいの暮らしができています。

今年2021年のテーマはずばり、

「自己表現をして、素直に生きる」

です。

最近自己表現をしたい欲が強い自分を感じています。

それは裏を返せば承認欲求なのかもしれません。

ただ、今自分が見ていること、感じていること、人に伝えられることを、自分の言葉で伝えたいという気持ちがあります。

そして素直に生きるというテーマは、

単純にひねくれてきてるなーと感じるからです。笑

2020年は、割といろんなことをリセットすることができた年だったので、ここで気持ちを改めて素直に生きていきたいと思いました。

今こうして書いているブログも、表現の一種です。

マーケティングをやっていると、情報発信の鉄則は

「読み手視点で価値を提供」しなければいけない

と頭が凝り固まってしまいます。

もちろん、それは決して間違っていないと思っているのですが、

でもまずは自分です。

ペルソナは自分。

自分に対してメッセージを残すつもりで、自己表現をしていこうと思っています。

人にどう思われるかなんて、考えるのはやめます。

風の時代だそうだし、時代に合ってるんじゃないかな。

投稿者プロフィール

山田 浩太
山田 浩太つくる合同会社 代表社員
2015年5月につくる合同会社を創業しました。
WEBマーケティングとかダイレクトマーケティングには常にアンテナ張ってるマーケティングオタクです。

-考えていること

© 2021 KOTA YAMADA Powered by AFFINGER5